住まいに設備は日進月歩で進化を遂げています。

最新の家の設備に戸惑ったエピソード
Back Number
最新の家の設備に戸惑ったエピソード

住まいに設備は日進月歩で進化を遂げています

● 38歳 男性
住まいに設備は日進月歩で進化を遂げています。確かに、快適で便利になるのはよく理解できるのですが、そこまで至れり尽くせりになると、暮らす側としては随分とだらけてしまいそうな気がしてなりません。
高機能な設備のものも多く登場していますが、幅広い年代が一緒に暮らす場合、その誰もが簡単に利用できるようなシンプルな思想で設計されている、ユニバーサルデザインのような発想も大切に思えます。
特に、日本のトイレはとても進化が進んでいます。衛生的であると共に快適なことは、とても喜ばしいことです。

しかし、全ての人が使いこなせるかというと、必ずしもそうとは限りません。来客を迎えた時、初めてトイレを利用される場合、普段と勝手が違うことに戸惑うことが多いようです。
立ち上がると自動的に水が流れるようになっているのですが、服をしっかりと着ようと姿勢を動かすたびに水が流れることに慌てるといいます。
新しい技術は、とても便利なことは間違いありません。
しかし、全ての人がそれを受け入れるには相当の時間が必要なわけで、戸惑うことも多いようです。


Copyright(c) 2021 最新の家の設備に戸惑ったエピソード All Rights Reserved.