安普請の軽量鉄骨プレバブ造り賃貸アパートを出て、分譲新築鉄筋コンクリート造りのマンションに引っ越したのは、もう10年以上前の話ですが、当時マンションに付属していた様々な最新

最新の家の設備に戸惑ったエピソード
Back Number
最新の家の設備に戸惑ったエピソード

安普請の軽量鉄骨プレバブ造り賃貸アパートを出て

● 48歳 男性
安普請の軽量鉄骨プレバブ造り賃貸アパートを出て、分譲新築鉄筋コンクリート造りのマンションに引っ越したのは、もう10年以上前の話ですが、当時マンションに付属していた様々な最新設備に戸惑わされたものでした。

あらゆる水回りがシステマチックな造りになっており、最初は浴槽にお湯を張ることすら、どうすればいいのか分りませんでした。
内覧会の時にいただいた付属設備説明書一式の中から、浴槽について書かれたものを引っ張り出し、ようやく理解したのですが、使用するのはガスと湯沸かし機なのに、まるで未知の電化製品か何かを扱うようだと思ったものです。

そして、噂に聞いていたトイレのウオッシュレットとも初めて出会いました。
ウオッシュレットと言えば、ヒカシューの歌と共に流されていたテレビCMが思い出されますが、こちらの取り扱い方はそれほど難しくなく、案外簡単に理解できました。

分らなかったのは食洗機です。
実は未だに利用していません。アメリカ等諸外国では当たり前の食洗機ですが、底の深い器を使う日本では馴染まないのだと勝手に解釈して、手洗いを続けています。


Copyright(c) 2021 最新の家の設備に戸惑ったエピソード All Rights Reserved.