最近の家は、本当に色々と便利になっていて、新しい設備がついています。

最新の家の設備に戸惑ったエピソード
Back Number
最新の家の設備に戸惑ったエピソード

最近の家は

● 39歳 女性
最近の家は、本当に色々と便利になっていて、新しい設備がついています。けれども、これがなかなか、慣れていないと途惑ってしまうことも、多いと思います。
私がまず思い出すのは、玄関の設備です。
玄関ドアが、普通の住宅でもオートロック形式になっていて、「締め出された!」と思ったことがあります。それから、自動車のキーみたいに、遠隔操作で開閉できるとか。これは慣れないと、便利だけど途惑ってしまいそうです。

また、お洒落な家で、家のガラス窓が引違い戸ではなくて、全開になるタイプの家にお邪魔した時には、窓の閉め方が分かりませんでした。
ジャバラになっているのですが、慣れていないと難しいです。
また、その窓は、全開になる関係上、内側から雨戸が閉められない設計になっているらしく、雨戸も電動で動かして閉めるのだそうです。
これも便利ですが、慣れていないと操作に途惑ってしまう気がします。
最新鋭過ぎるのも、苦労が多そうです。

私が最新の家の設備で一番戸惑ったのは

● 37歳 男性
私が最新の家の設備で一番戸惑ったのは、キッチンの収納棚の使い方でした。

私の家のキッチンは、昔からあるタイプのものなので、扉を開いたり引出しを引いたりすることで収納棚を使うことができましたが、最新の収納棚は足元ペダルを踏むと、上部にある収納棚が手前に降りてくるといった便利な機能がついています。その足もとのペダルや、各所にあるボタンの配置がどうなっているかについて、戸惑ったことがありました。

また、私の家の水道蛇口はレバーを下に下げると水がでるのですが、たまにレバーを上にあげると水が出るものもありますので、逆の操作に戸惑ったこともありました。
あとは、トイレやお風呂の水廻りの操作ボタン。最近の操作は、壁に設置してあるタッチパネル式のものが多く、特にお風呂については、お湯焚きとお湯を出すボタンがどれなのか、迷ったことがありました。

最後に同じタッチパネル式の話として、玄関のインターホンがありますが、どのボタンを押せば玄関外のモニターにつながるか、留守中の訪問客の録画を見るボタンなど色々な機能がついていますので、このインターホンの設備についてもだいぶ戸惑いました。


Copyright(c) 2021 最新の家の設備に戸惑ったエピソード All Rights Reserved.